大人気無い 母のつぶやき

母の独り言 愚痴 泣き言…

警察の対応

やっと 春休みの終わりが見えてきた…

見えてきたけど 問題児が増えていた(T_T)


息子っちは とうとう 思春期とやらに どっぷり入ったのに まだまだ ベタベタ…

娘っちは またまた 警察騒ぎ(T_T)


ユジャロンに休日を…と言うことで 大きい人のアパートに二人とも行っていました。

娘っちは 部活が休みに入ってからなので数日間…それまで 和室で寝ているユジャロンの隣で 新婚さんのように 枕を列べて寝ていました。多分 明日から部活が始まるので 間違いなく新婚さんのように 枕を列べて寝なくちゃいけないんだろうなぁ…


そんな事より 警察騒ぎです(T_T)


部活の最終日に 先輩やら後輩やらと遊ぶ約束をしてきました。普段なら どうぞ…と言うのですが 大きい人のアパートから遊びに行くのです。宵越しのお金は持たねぇ~ぜ!の人です。キップは購入しても その後のバス代 残せるのか?


それに オマセな先輩が一緒です。

聾のお母さん達からは 嫌われているお母さんの娘です。娘がオマセなら 母はバツ3で子供達は 全員 父親が違うと言うママさんの子供。 先輩ママさんの話だと 中2で初体験済みらしいのです。それを 同級生に自慢気に話をしている。


そんな話をされて 娘っちが感化されても困るし 家はオープンに性教育しているつもりなので 大丈夫だとは想っていますが 娘っちが その話を聞いて どう想うか…それを ユジャロンに言ってくるか…


なんか 試して居るみたいな考え方をしてしまうユジャロン自身もイヤなんだよな。


でも 大きい人を立てて 大きい人がユジャロンを説得したので行ける事になった…と言うことにしました。こんな時に大きい人の存在をアピールしておかないと 日々の母子家庭が当たり前になってしまうので…


いよいよ当日…

関東地方とは言え 電車移動一時間半位?

多分 大きい人に 帰りのキップを購入したら 大きい人から貰ったお小遣いが無くなってしまったらしいのです。


LINEで お金ヤバイ!と入って来ました。

お金の件は 大きい人から連絡を受けていたので 娘っちに帰宅を促しました。


市内で使えるバスカードは持っているので お金が無くても帰宅は出来る。


帰宅早々 機関銃のように 色んな話をしてくれたのですが とにかく 遊びに行くのに お昼ご飯と友達になんて言って来たのかを聞いた。


ご飯は多分 みんな食べてるから 娘っちはカップ麺こを食べていく!

ただ お金がないの…と言ってきたのです。


ここからは会話です。


娘…お金 どうしよ。

ユ…お父さんの所に行く前に 800円って聞いたけど 幾ら渡したっけ?

娘…1500円

ユ…だよね。ってことは お小遣いで2000円貰って来たんだから お母さんは1500円 渡せばイイってことだよね?

娘…うん。くれるの?

ユ…遊びに行くのにお金が無くて 我慢出来るの?

娘…ん~少しは出来るかも

ユ…ちゃんと お父さんと約束したことを協力 手伝い お願い出来る?

娘…努力します。

ユ…じゃぁ~2000円にしてあげる。

でも 考えて使って下さいね!

娘…はい。でも バスがないの…

ユ…待ち合わせはどこ?

娘…駅ビルの中。

ユ…パルコじゃ無くて 駅ビル?電気屋さんしか無いよ。イイの?

娘…イイの。

ユ…バスが無いから 送って行ってあげるから 用意して。

娘…優しいお母さん ありがと!

ユ…そんな時だけ 優しいんだよね。この間 ばばぁって言ってたのにね(#`皿´)

娘…そんな事 言ってないよ!


と こんな会話をしながら車を走らせ 車中を掃除したことを話すと 頭を撫でられた。

嬉しくないわい!


駅が見えたら ソワソワ…

車を駅ビル前に停めて 娘っちに ありがと…と言われ ユジャロンは帰宅。


ところがです。

帰る電車に乗る前に 連絡してね…と言ったのに のに 連絡がないのです!


そんな心配していると LINEが来ました。


娘…お父さんは 何時に帰る?

ユ…何で?何か企んでる?

娘…企んで無い。でも 気になる。

ユ…企んでないのに 何で気になるの?

夜にならないと帰らないよ。

息子っち居るから 早く帰ってね…


それから 多分 スマホのバッテリーが無くなったらしく 既読にもならないし GPSも使えない…


何もなければいいけど…と想って居たら やらかしてくれました。


まず地元の警察から電話がかかってきて 怒られる 怒られる。

未成年をこんな時間にウロウロさせて とにかく 迎えに行ってくれ!と。


迎えにって 車を大きい人が使用中なので無理。そんな中 携帯に娘っちが頼った警察から電話…でも 地元の警察 かなり しつこくて 出れない。だから ユジャロンも言ったよ。


私 鬱が悪化してしまって 単身赴任先に行ってるのです。長距離の運転は ドクターストップされているので いけないのですが 主人が帰りますので…と言い終わる前に言われました。


障がいの有る未成年を 一人で電車に乗せて行かせるって なんですか(怒)


はぁ?障がいが有るから 色んな体験をさせたいと思って居るんです。

時間が遅くなったのは お金が無くなって 帰れなくなっただけで 何時もなら一人で往復してます。障がいが有ると一人で行動させたらいけないのですか?


ユジャロンの一番嫌いな差別的発言!しかも おまわりさんが!


そりゃ8時過ぎていたから未成年者でしょうって言われれば そうです…としか言えません。でも バッテリーが無い事お金を使いきった事 ユジャロンは知らなかった。


地元を出る前に お金が無いから…と言われれば 説教はするけど お金を渡して帰せたのに 何にも聞いて無いユジャロンは パニックで号泣と過呼吸に…


地元の警察がビックリして 電話をきってくれた。

慌てて 頓服を飲み 今度は娘っちの居る警察へ電話してみたら 大きい人と連絡が取れて お金を貸して下さいと言われたのですが 未成年なので 少し待って下さいね。

お母さんが泣かなくても たくさんの事をやらせないと 一人で生きていけないもんね。お母さん 偉いよ。


何 この違い…同じ 警察官なの?と思うような態度の違いに また 号泣…

お巡りさんに慰められて お礼とお詫びを言って電話をきりました。


10分後 大きい人が慌てて帰宅。


その間にパトカーでアパートの玄関迄 送って頂いた。息子っちはビックリ!

電話がかかってきて お巡りさん 一緒 娘っち 何?


外人になったかのような日本語でかかってきて とりあえず ざぁっと話 直ぐに 単身赴任先の警察に電話をして お礼とお詫びを言い電話をきりました。


そこに 大きい人…帰宅。


いい経験をしたって 思うようにしようよ…


出来るか!!!!!!!!!

散々 差別発言されて 迎えに行けって言われたユジャロンの身になってみて!

鬱ですか…って言われたんだよ!

2時間位の運転も無理ですか?って!


涙が止まりませんでした。

差別発言や差別視線は慣れているけど お巡りさんに言われるって…ユジャロンが悪いように聞こえてしまって 言い返す事すら出来なかった…今 思い出しても 涙が出そうです。


世の中には 見えない障がい 病気の人がたくさん居ます。そんな事も理解出来ない警察官って 何なの?


人柄とかじゃ無いでしょ?お巡りさんって 助けてくれると思ってたのに…


絶対に貴方の御名前 忘れません!