大人気無い 母のつぶやき

母の独り言 愚痴 泣き言…

超~優柔不断

10日の夜 友達から 夜中に電話が有った。

一人でも呑みに行ける中華屋さん。

そこのママの のりちゃん。



明日 用事有る?

お願いしたいことがあるの…と。


用事はない。なんせ貧血悪化したから 更に引きこもり生活。


2階リビングのユジャロン家。


洗濯をするだけで 物凄い重労働と言うことが分かった。主婦代表して 家事労働は凄いんだぞぉ~と叫びたいくらい。


その重労働を 貧血のフラフラで行うだけで 息切れする。

そんな身体なのは分かって居るのに…


明日 別に用事はないよ。。。

と答えてる。



友達が話を続けてきた。


マスターが脳梗塞で倒れて ランチの2時間だけ手伝って欲しいの…と。


用事が無いって言ってしまった手前

断る事が出来ず 翌日 仕込みが終わったら来て欲しいと言われ 11時30分に到着。


エプロンをして テーブルを拭いて メニュー表を書き換えて お客様が来るのを待つ。


立ってる居るのが しんどい。

後 安定剤の副作用で 喉が渇く。

裏で 炭酸水を飲みながらでイイとは言われたけど 店員が客待ちで 飲み物を飲んでるって 印象悪いでしょ?


ひたすら我満 我満…


のれんの外で お客様が相談しているのが見えて


のりちゃん お客様入って来るかも…と伝えておく。


案の定 四人の女性のお客様が入ってこられた。

ユジャロンはお水の用意をしている間 のりちゃんが マスターが脳梗塞で倒れて 出来るランチがこちらになるのですが…良かったら こちらにもメニュー ありますよ…


流石に手慣れている。


ユジャロン お水を持っていき 注文を待つ。


アレコレ指図されるが 何がどこに有るか さっぱり分からない。


邪魔にならないように 隅っこで立って見ている。


そこに どんぶり が有るから出して~


そこ?どこ…?

冷蔵庫の中に入ってるのとって…


どこ…?


海苔のビンに入ってると思うんだ…


え…海苔?どこ?


その後に男性のお客様が入店。

常連さんだったようで のりちゃんが対応。


無事に お客様に注文の品を出して終了。


流石に店主…コーヒーと一口チョコをサービスで出した。


のりちゃん曰く

ランチは 混雑しても10人位だから…

それより ユジャロンをいつまで拘束出来るの?


何で?何か有るの?


聞き返すと 仕入れとお店の改造の為に買い物に行きたいんだ…って。


息子っちには家の鍵を預けて来たので

そんなに遅くならないならいいよ。

と言いながら買い物に。


結局 帰宅したのが5時過ぎてしまった。

ドーピングはしたのだが ヘロヘロになってしまって 夕ごはんの支度が出来なくてカップ麺こになってしまった…子供っちごめん(ToT)


大きい人から夜 電話が有り どうだったか聞かれた。


疲れた…の一言だよ。


言い終わらない内に 仕事は断った方がイイ!

体調だって良くないし 具合が悪くなったら 相手に迷惑がかかるし お友達価格で仕事はしてはいけない…と。

法律で最低賃金は決められているし 相手も 頼むってことは あり程度は仕事をして欲しいと思っているのだろうから 今のユジャロンの身体で仕事をしたら 自分も大変だし 相手の期待に応えようと 気張るでしょ?それがストレスになるから辞めた方がイイ…


そう言われました。


ユジャロンだって分かってる。自分の身体だもん!でもなぁ…言いにくいなぁ…


のりちゃんは 病気の事も知ってるから ダメな時は言ってねとは言ってくれてる。


でも 決断が出来ないユジャロン。

貧血の結果が悪化するのも困るし ストレスになるのも困る。友達関係が壊れるのも困る…


自分の優柔不断さに呆れてしまう(ToT)